2016年を振り返る その2

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
前回に引き続き、今回も2016年の出来事を振り返ってみたいと思います。

1.火山活動
2016年も環太平洋地域の火山噴火が例年より早いスピードで噴火するなど、活発な火山活動が続きました。
国内では2015年8月に初めて噴火警戒レベルが4(避難準備)になった桜島は、幸いにも危惧された大きな噴火は起こらず、2015年9月にはレベル3(入山規制)に引き下げられました。2016年も噴火活動は低調な状態が続いています。2月に爆発的噴火が発生しましたがその後は回数も減り、6月に5回、7月に2回の爆発的噴火が観測された後は、現在まで観測されていません。
*爆発的噴火:ガス、水蒸気、岩石等を放出し、空振を伴う現象
一方、阿蘇山では10月に36年ぶりになる爆発的噴火が起こり、噴煙が高さ1万1000mまで上がりました。火口付近に設置したカメラでは、広範囲に噴石が飛散した様子が確認されました。約300キロ離れた香川県など広範囲で降灰が確認され、阿蘇市内では灰が3cm積もりました。阿蘇山ロープウェー火口西駅の屋根には複数の穴が開き、噴石の恐ろしさを感じさせました。噴石は直径50cm以上の物が、火口から南東1.2キロ地点まで飛んだことが確認されました。熊本地震の震源域が阿蘇山直下まで及んでいたこと、阿蘇山周辺での余震活動が活発であったため噴火を懸念する声が多くありましたが、事前の予測は出来ませんでした。
2013年11月から噴火が始まった西ノ島は、噴火も治まり落ち着いた状態が続き、研究者が初の上陸を果たしました。この島はカツオドリの繁殖地になっておりその生息が心配されましたが、その存在が確認されました。また植物や昆虫も僅かに残っており、今後は溶岩で覆われた部分にも分布が広がっていくと思われます。本当に生命の力強さを見せられた感じです。
上記の火山以外にも火山活動の高まりが確認されている八甲田山(青森県)、十和田湖(青森・秋田県)、弥陀ヶ原(富山・長野県)の3火山が、12月1日から気象庁が24時間体制で観測する「常時観測火山」に追加されました。これで国内の常時観測火山は50火山になりました。
気象庁 常時観測火山
 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/gyomu/index92.html

2.台 風
2016年で特にその活動が異常だったのが台風です。最初の台風1号が発生したのは7月3日で、1951年に統計を取り始めて以来2番目に遅い発生となりました。そして天気図画面に同時に3個台風があったりと、今まで見た事のないような様相を呈していました。
通常は南シナ海で発生した熱帯低気圧が台風になり、北上して来ます。日本に上陸する場合は、沖縄や九州など西日本に上陸して東日本へ向かったり、日本海側へ抜けたり、或いは小笠原辺りから関東へ上陸したり等の進路をとりますが、今年は初めて上陸したのが北海道や東北などでその動きも異常でした。北海道に台風が上陸したのは9年ぶりでしたが、一週間で3つの台風が上陸したのに加え、台風10号の接近で暴風と豪雨による各地の川の氾濫、橋の流失が相次ぎ、JRや道路など交通網が壊滅的打撃を受けました。
特に台風10号の経路は、北上しながらその進路を太平洋側に沿って西へ動いたので中国の方へ行くかと思っていたら、まさかのUターンを行って戻って来て、岩手県に上陸しました。10号は気象庁が統計を取り始めて以来、初めて東北地方の太平洋側に上陸した台風となりました。台風の進路は海水温などの影響を受けますが、Uターンしたのは初めてです。この台風10号の豪雨により、グループホームの高齢者9人が犠牲になってしまいました。
この原因は施設側が「避難準備情報」の意味を誤解していたことが原因でした。避難情報は緊急性が高いものから「避難指示」「避難勧告」「避難準備情報」の3種がありますが、「避難準備情報」はその字のとおり準備を開始すると考えていたために避難が間に合いませんでした。本来は高齢者や自力では避難出来ない方達が、避難を開始するという意味がありました。
この台風10号の被害を受けて内閣府は12月26日、自治体が発令する「避難準備情報」の名称を「避難準備・高齢者等避難開始」に変更し、全国の自治体に新名称を使うように通知しました。また「避難指示」についても危険が差し迫っている状況をより強調するために「避難指示(緊急)」という表記に改めました。
内閣府 避難準備情報の名称の変更について
 http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinankankoku/

3.気 象
11月24日、都心で初雪が観測されました!11月の積雪は1875年の統計開始以来初めてのことで、11月の初雪としても54年ぶりの出来事でした。筆者の居住する地域は余り雪は降らないので、チラチラ降るぐらいかなと思っていたら本格的な雪景色になり驚きでした。
一方世界では、全く雨が降らない地域、大量の雨により洪水を繰り返す地域、異常な暑さ、異常な寒さと気候が二分された感があります。アメリカでは西海岸と東海岸で正反対の天候になり、西海岸の乾燥のため自然発火した山火事はその数を増しています。また砂漠地帯では豪雨があり、その結果により一面の草原地帯が出現した地域もありました。暑い中東で雪が降ったこともありました。現在、北半球は冬で南半球は夏ですが、異常な暑さと異常な寒さの気温差が100℃近くにもなっています。
2016年の気象はますます気温の変化が激しく、日本でも一日の気温の差が10℃以上あるのが当たり前になってきました。季節外に暑かったり寒かったりと、地球の気候がどんどんおかしくなっています。

国連大学が世界171ヶ国を対象に自然災害に見舞われる可能性や対処能力を評価した「世界リスク報告書2016年版」によると、日本は総合順位で17位でした。これは地震・台風・洪水・干ばつ・海面上昇の5種類の自然災害について、28項目の指標を設けて評価したものです。自然災害に見舞われる可能性では4位でしたが、インフラ整備や対処能力、適応能力が評価されて17位になりました。
国連大学によると、2015年に世界中で346件の自然災害が発生し、約1億人が被災し、2万2000人以上が死亡し、665億ドル(7兆円)の損失があったそうです。日本の昨年の自然災害による損失を見ると、熊本地震の被害額(2.4~2.6兆円)は世界の損失の約半分を占めます。2011年の東日本大震災による被害総額は(内閣府は16兆9000億円と推計)は、世界の損失額の2年分を超える金額になります。この数字を見るだけでも、いかに日本が自然災害大国かがわかります。
自然災害は避けられませんが、防災意識を高めて各自が準備することにより、少しでも人的被害、物的被害を軽減する「防災」「減災」が重要な時代を迎えています。





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


検索フォーム

キーワードでブログ内を検索できます

関連サイト

こころのかけはし 自然災害対策チーム

↓クリックで関連サイトへ icon3 icon13
icon4

itiran

QRコード

QR