キラウエア火山の噴火について



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
2018年5月3日午後4時45分(日本時間4日午前11時45分)ころ、ハワイ島にあるキラウエア火山が噴火を始めました。今回はキラウエア火山について取り上げてみたいと思います。

1.ハワイ諸島の形成
日本からの海外旅行先で人気が高いハワイは、米国最南端の州で、世界で最も隔離された群島になります。このハワイ州はミッドウェイ珊瑚などを含む北西ハワイ諸島と、オアフ島など主要8島からなるハワイ諸島で構成された、132の島、岩礁、砂洲で形成されています。主要8島は、ハワイ島、カホオラヴェ島、マウイ島、ラナイ島、モロカイ島、オアフ島、カウアイ島、ニイハウ島で、このうちニイハウ島とカホオラヴェ島は一般人の入島が制限されています。
ハワイ諸島は今から500万年前に海底火山で隆起。その後、プレートの移動で北西にずれて、各島が次々に造り出されたと言われています。カウアイ島では長年の浸食による起伏の激しい地形が見られます。そしてハワイは典型的なホットスポットで、マントル深部から物質が供給されており、南東端のハワイ島では現在も活発な火山活動が続いています。
ハワイを載せる太平洋プレートは北西方向へ年間10cm程度の速さで動いているので、ハワイ諸島は北西へ行くほど島の形成が古くなっています。ホノルルのあるオアフ島は、ハワイ島から約350km北西にあり、その年代は約350万年前になります。最も北西にあるカウアイ島より先は、浸食によって削られて海上には姿を現してはいませんが、海山列が連なっています。
そしてこのハワイ諸島周辺では、巨大な海底地滑りが数多く発生したことが1980年代後半の調査で明らかになりました。島の面積よりもずっと広い海底地滑り跡があり、地滑り堆積物で覆われる総面積はハワイ諸島の数倍にも達し、一つの地滑り堆積物の体積は、海上に出ている島の体積の数分の1にも及ぶほどです。
またハワイ諸島は太平洋の真ん中にあるため、太平洋の周囲の沈み込み帯で巨大地震が発生すると、その津波による被害を免れることが出来ません。特に1946年アリューシャン列島で発生したM8.1の地震では、津波により160名の死者、2600万ドルもの被害が発生しました。ハワイ島のヒロでは、津波の高さは10mにも上ったそうです。この津波被害を受けて、アメリカ合衆国は地震警戒システムをつくり、太平洋津波警報センター(Pacific Tsunami Waring Center)と命名しました。日本の気象庁も、南米などの地震に対する津波警報は、ここからの情報を基にしています。

■地球紀行 大陸形成と移動 
   http://www.geocities.jp/t_shimizu2003/earth_histry_3_2_m.html

■ホットスポットで島ができるまで (歯医者さんのブログ)
   http://www.midorino-dc.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/83


2.キラウエア火山
ハワイ島にあるキラウエア火山は、ハワイ語で「吹き出す」または「多くまき散らす」を意味する盾状火山で、緩やかに傾斜する斜面を持ち、底面積が広く、粘性の低い玄武岩質のマグマを流出させます。
キラウエア火山が形成され始めた時期は30万年から60万年前と推定されており、5万年から1万年前に海上に現われたようです。キラウエア火山の噴火は、20世紀中に45回の噴火が記録されています。1983年から始まった噴火は、幾度かの不活発化の時期を含み現在まで約35年間継続しています。爆発的噴火はまれで、溶岩流の流れはゆっくりしていて比較的安全な火山とされ、ゆっくり流れるマグマをすぐ近くで見学できる人気の観光地になっていました。
しかし2017年に入ってからは、その活動が非常に活発になり、激しい溶岩の噴出が絶え間なく続き、海へマグマが流れ込む状態が恒常化していました。そして今年5月3日からは、今までにない激しい噴火が始まりました。今回のような複数の噴火が起きたのは、1951年以来になるそうです。
地震も頻繁にあり、噴火の前日にM5.0、そして噴火が始まってからはM5.4、M6.9が発生しました。震源はレイラニ・エステーツの南西16kmで、ハワイ島では過去24時間に119回の地震が発生しました。このM6.9の地震は1975年に起きたM7.1の地震以来の規模で、今回もほぼ同じ場所で発生しました。

■HUFFPOST NEWS
   https://www.huffingtonpost.jp/2017/02/07/kilauea_n_14633664.html


3.今後の見通し
3日から始まった噴火ですが、噴火から数時間後、ハワイ州は非常事態宣言を発令し、同時に噴火の影響のある住民に避難命令を出し人的被害はありませんが、これまでに倒壊した建物36棟、住民や観光客およそ2000人が避難を余儀なくされています。現在も活発な活動が続いており、8日現在では南東部のレイラニ地区で新たに2つの火孔が確認され、これまでに14個の火孔から溶岩と火山ガスの流出が続いています。
アメリカ地質調査所(USGS)やハワイ郡民間防衛局によると、レイラニ地区を南北に縦断する幹線道路ハイウェイ130号では、過去24時間で亀裂の幅が4cm広がり、深さは1m近くに達しました。周辺道路はおびただしく湧き上がる噴気によってアスファルトが波打ったように変形しているうえ、路肩に駐車しておくと、いつ車が溶岩流に呑み込まれるかわからない状態になっています。

■YouTube キラウエア火山噴火映像
  https://www.youtube.com/watch?v=nQQ1UaXesEo
  https://www.youtube.com/watch?v=IZZZgO48T98
  https://www.youtube.com/watch?v=z4XmY-m95FQ

山頂のハレマウマウ火口の溶岩湖は先月末からマグマ量が急速に減少し、頭位が220m下がりました。露出した火口壁からは地震のたびに岩石が崩れ落ち、ハワイ火山観測所(HVO)の研究者が警戒を高めています。専門家は「地下水がマグマに接触すると、1924年に起きた強力な爆発に繋がる恐れがある」と危惧しています。1924年5月の噴火では、今回と同じ東リフト地帯で巨大爆発が相次ぎ、噴火の回数は2週間あまりで50回以上にもなりました。この時もハレマウマウ溶岩湖はマグマの急激な流出が進み、マグマが上昇する火道に地下水が流れ込んで水蒸気爆発が発生。その噴煙は上空9,000mに達し、14トンもの巨大な噴石が飛び散り、観光客が死亡した記録が残っています。
USGS(アメリカ地質調査所) 1924年噴火について(英語)
  https://volcanoes.usgs.gov/volcanoes/kilauea/geo_hist_1924_halemaumau.html

9日午前には、ハレマウマウ火口で短い爆発が発生しました。この爆発は火口壁の岩が崩れ落ちた衝撃で引き起こされた可能性が高く、噴火継続時間は短いものでした。この噴火から1時間後に火山学者が溶岩湖を観測した際、底の方で煮えたぎる溶岩が見えたといいます。
この噴火を受けてUSGSとハワイ火山観測所では、今後数週間のうちに爆発的な噴火が起きる可能性があると発表しました。また有害なスモッグや酸性雨が発生する恐れもあるとして、警戒を呼びかけています。
東部の住宅地では地面の亀裂から溶岩が流れ出し、有毒ガスが放出しています。当局は、二酸化硫黄の濃度が危険な水準にあると警告しています。こうした有毒ガスなどが湿気や埃と混じって火山スモッグが発生し、硫酸の水滴によって呼吸器系の問題を生じさせる恐れがあります。
専門家は「現時点で、そうした爆発的な活動が起きるかどうかの確証はない。爆発が起きた時の規模や、爆発的な活動がどれくらい続くのかもわからない。現在の活動は、南東部レイラニ地区に集中しているが、噴火活動が長引くと、他の地域も危険にさらされる可能性がある」と警告しています。

■BBC Nature ハワイ諸島の山体崩壊による超巨大津波説について
  https://matome.naver.jp/odai/2139798174919065501/2144404318037212003





カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

キーワードでブログ内を検索できます

関連サイト

こころのかけはし 自然災害対策チーム

↓クリックで関連サイトへ icon3 icon13
icon4

itiran

QRコード

QR